チラシ広告

東京チラシメーカーでは、チラシ制作から印刷、新聞折込ポスティングを一社ですべて行えます。反響効果の出るチラシデザインと的確なエリアマーケティングで折込やポスティングを行い数々の成功実績を作ってきました。webマーケティングが盛んに叫ばれている昨今においても、まだまだチラシ、ポスターなど紙のメディアによる人の集客は反響があります。チラシを使いながら、ホームページなども連動してクロスメディア戦略で行けば更によい結果を出すことができます。DTPの制作分野では、チラシ・フライヤー・パンフレット・名刺・封筒・ポスターなどのデザインをします。  それでは、早速、チラシ実績をご覧ください。

チラシ広告を相談する

チラシ実績

英語教室チラシ英語教室チラシ裏面ピラティス教室チラシインターナショナルスクールチラシ表面インターナショナルスクールチラシ裏面イタリアンレストランチラシインターナショナルスクールチラシインターナショナルスクールチラシ裏面イングリッシュスクールチラシ表イングリッシュスクールチラシ裏空手教室チラシ空手教室生徒募集チラシ飲食店ポスターチラシ広告プリスクールチラシ広告英語教室商品チラシプリスクールチラシ広告ENGLISH FLYERサービス案内チラシ保育園チラシ広告チラシ広告YMCA_kindergartenチラシ広告YMCA_kindergarten裏チラシ広告スポーツ教室キッズ教室チラシ生徒募集チラシいけばな教室表生徒募集チラシいけばな教室裏音楽教室チラシ音楽教室チラシ裏介護施設オープンチラシ人材募集チラシチラシ広告 スタッフ募集訪問介護サービス案内チラシ会社案内チラシ企業サービス案内チラシ求人広告チラシサービス案内チラシ介護人材採用チラシ人材採用チラシA4チラシ『カインド・メディカルネット』A4チラシ『助産師産科ナース』A4チラシ『ナイトナース』商品案内チラシ制作エステ美容チラシ歯科医院チラシ看護師紹介案内チラシ企業広告チラシチラシ広告TRUSTGROWTHジュエリーチケットチラシキッズ教室パンフレット表キッズ教室パンフレット裏コーススポーツ教室パンフレット表スポーツ教室パンフレット裏空手教室B4チラシ空手教室オープンチラシ介護施設3つ折りパンフレット介護施設3つ折りパンフレットジュエリーチラシジュエリーチケットリハビリセンター3つ折りパンフレット商品案内チラシ王子自動車クーポン券飲食店クーポン券
ジュエリー商品案内チラシ不動産チラシ

チラシ広告を相談する

チラシ制作について

アドマノ社内風景-300x193弊社では、なるべく低価格でしかもデザイン性の高い反響のでるチラシを制作したいと思っております。 プロのDTPデザイナーによる制作は、お客様のご要望に沿うため、男性女性、それぞれ得意なデザインの制作で 仕事が割り振られます。 お好みのデザインが実績より見つからなくても非公開チラシ実績が多数ありますので直接見ていただくことも可能です。 10,000点以上のイメージ画像、イラストが無料 1万点を超えるイメージ画像やイラストをストックしておりますので、お客様の業種やサービスにマッチしたイメージ画像やイラストを無料でご提案いたします。 こんな方お待ちしております!

  • 教室運営で生徒獲得のチラシを検討している方!
  • 今まで、チラシでの反響があまりよくない!
  • チラシとWEBとどっちがいいか迷っている方!
  • 安くいいものを作りたい!
  • 親身に話を聞いてくれ、すべて任せられる営業を探している!
  • とにかくデザイン力重視。奇抜なアイデアの洗練されたデザインがほしい!
  • 下請けを探している広告代理店の方!素早い対応を致します!
  • SOHOデザイナーをお探しの方!

スタッフ紹介          ≪弊社スタッフの紹介です。≫

営業 T.A 経験8年目

女の転職@type営業T.A チラシ広告で反響を出し集客を成功させるには、まず広告デザイン、キャッチコピー、ターゲットに向けての訴求方法などチラシ制作の中身を吟味します。チラシ広告を制作する前の打合せでいかにお客様とコンセプトやターゲットの確認ができるかが大事だと思います。その上で、デザイナーと打ち合わせをして制作依頼をします。新聞折込で行くのか、ポスティングで行くのか、街頭配布するのか個々の案件でベストな提案ができるように努めています。

グラフィックデザイナー R.T 経験2年目

女の転職@type営業R.T 私は、前職はアパレルで接客をしていました。一念発起し、グラフィックデザイナーの学校に通い、イラストレーターとフォトショップを勉強しました。先輩デザイナーについて日々デザインの勉強と作業に頑張っています。 デザインと印刷のことも日々勉強中です。  

DTP&WEBデザイナー N.N 経験8年目

女の転職@type営業N.O 制作です。チラシ広告はあらゆる分野のチラシを制作したことがあります。 仕事は早いですよ。スピードとクオリティーが命です。マーケティング要素を入れたチラシ制作も得意です。 カラーブランディングとキャッチコピーを念入りに打ち合わせして制作に入ります。  

 

 

 

チラシ広告を相談する

成功するチラシ制作

目次

  • 価値訴求
  • やさしい言葉で訴える
  • 感性に訴える
  • インパクトが大事
  • ターゲットを決める
  • キャッチコピー
  • イメージ戦略
  • ポジティブワードを使う
  • 良いレイアウト
  • 情報を整理する

 

 価値訴求

 集客の弱い外れるチラシにはある共通項が2つあります。それは、「商品のみを掲載している」「価格訴求ばかりに頼っている」という事です。よほどの目玉か、ヒット商品がある場合を省き、基本的に商品訴求だけでは今のお客様は反応しません。チラシの内容に大きな問題があり、失敗しているケースが多いです。

では現在の時流を考えた上でチラシ作りで有効な方法とは何か。それは価格訴求ではなくて価値訴求のチラシを作ることが大事です。商品は価値/価格であるので、販促の役割はその価値と価格をわかりやすく伝えること。今までは比較的価格訴求の部分が強かった販促がこれからは価値訴求を中心におこなうことが重要です。考え方を180度変えて、価格ではなく価値の主張を訴える必要があります。

 

やさしい言葉で訴える

自社の強みを明確に打ち出すために硬い表現や専門用語を使い、失敗している場合もあります。小学生、中学生でもわかる文章で伝える事が非常に大事です。伝わることがすなわち情報であり、情報とは中身よりも伝え方で決まります。ですから、チラシ上の表現はなるべくやさしく柔らかく簡単に述べた方がいいです。

相手の立場に立ち、難しそうな専門用語は避け、簡単、優しい、などのフレーズを入れてまずは興味を引くことが大事です。ポイントは強みを伝えるとはいえ、相手を無視した表現をしてはいけないということ。ターゲットとなるお客様が何に興味を持ち、何に関心を示しているかを常に考えることである。

感性に訴える

チラシデザインでは理屈ではなく、いかに遊びココロや洒落を通じて感性を刺激して見る人の心に残るかも大事です。商品の素材や構造を一生懸命伝えても全く伝わらないが、それより、食べている人の喜びの表情や恍惚の顔などを見せると理屈抜きで人はその商品を欲しいと思うものですよね。このような売り方を感性刺激といいます。つまり、商品価値は通常機能=スムーズに開く、コンパクト、耐久性など、見栄え=色、デザインとなるわけであるが、そこにココロをクローズアップして感性に訴えることが反響のあるチラシ制作には非常に大事です。特に女性に対しては、効果的であり、例えば、かわいいキャラクターを見て、可愛い!と叫ぶのは女性特有の感性ですよね。また、アクセサリーショップでこれ可愛くない?買っちゃおうと衝動買いするのも女性ならではの特徴です。これらは感性の世界であり、脳内の動きでは、感情刺激となる。つまり、機能的価値は標準だが、感情を刺激することでココロの充足を満たすことができるのです。チラシは感性を刺激することが可能であり、売り方の工夫次第でヒット商品を作ることができます。

インパクトが大事

 ほとんどチラシはゴミ箱に直行でほんの数秒しか見られません。チラ見で終わるのがほとんどです。もともとチラシという媒体はそんなにじっくり見てもらえないものです。しかし、興味を持てばチラシの見方が全く変わってきます。興味がわく前はぼんやりとしか対象物は見ないものだが、興味がわけばじっくり注視しようとする。では興味を持たせるには何が重要か。それはインパクトである。チラシを見て「おや?」、と思わせることが大切です。そのためにはサプライズが重要です。チラシに興味がわけば、第一段階クリアです。いくら一生懸命に作っても見てもらえないのであれば、意味がない。ゆえに当たるチラシには何と言ってもインパクトが欠かせないのである。

ターゲットを決める

 集客に失敗するチラシはターゲットが絞れず、散漫的になっているケースが多いです。やはりピンポイント販促が成功するチラシのテーマです。マーケティングの基本は誰に、何を、売るのかを明確にすることです。よりたくさんの人に買ってもらいたいという気持ちはわかるがそうすると、すべての客層に来てもらおうと考えるほど、チラシは、ボケてしまいます。
では、ターゲットの設定はどのようにすれば良いのか。客層を決めなければならないが、その客層の切り方がある意味難しい。あまりに広い客層ではボケてしまうし、逆に絞り込みすぎては客層そのものが減ってしまいます。ポイントはグレードと年代で分ける方法です。グレードとは、売るべき商品グレードのこと。低価格のロープライス商品はいかにやすさ感を訴えるかが重要であり、ハイグレード商品は高級感やこだわりを訴える必要が有ります。当然、キャッチコピーや色使い、デザイン等も変わってきます。

キャッチコピー

チラシは普通、どこから見るだろうか、一般にはZの法則と言われ、左隅から見ていき、さらに視線は右に移行、斜めに左下を見てさらに右下を見るという視線の流れである。ということは最初に見るのは上の方にあるわけだが、そこには必要不可欠なものがある。「タイトル、見出し」である。チラシの場合はタイトルで決まります。つまらないタイトルであれば、興味を引くことができず、ゴミ箱に直行です。一番上に来るeyeキャッチのキャッチコピーをよく考えてチラシ制作をしましょう。

イメージ戦略

毎日人間は無意識的にあれが欲しい、これが食べたい、もっといい家に住みたいと勝手に想像している。その想像が脳内で繰り返され、頂点に達したときに消費行動に走ります。その想像というのがいわゆるイメージ化です。心の中でその商品やサービスを使っている姿を繰り返し、無意識でイメージするから購買行動が起こります。

ゆえに購買喚起はイメージ化の手助けをしないといけません。つまり、ビジュアルにその商品やサービスを使っている姿を明確に書かせることです。そのためにはチラシにリアルなイメージを見せるべく商品+人の要素が不可欠です。商品だけでは購買喚起することは難しいですのでその商品を手にした人に焦点を定め、イメージ戦略を進めることが重要です。

旬な話題を使う

インパクトのあるタイトルというのは話題性があり、誰しもが知っている話題をうまく使えばかなり目の引くタイトルを作り上げることができます。マスコミで報道されているような政治、経済の話題を使ったり、色々な話題をうまくチラシに利用していくのも一つの方法です。またオリンピックやW杯などを使ったタイトルも面白い。誰もがTVに釘付けになり、記憶に残る場面が出てくるので、日本人や日本チームが勝ったら値引きするようなタイトルを打つと、当たりやすいと言われています。

ポジティブワードを使う

一体どんな言葉が消費行動に影響を与えるのか、それはずばりポジティブワードです。不景気では不安心理が働き、潜在意識にマイナスイメージが蓄積しやすくなります。マイナスイメージが増えると人は防衛本能が働きます。将来への不安を感じて貯蓄が増えるのは、マイナスイメージの中で増大するからです。それを払拭し、潜在意識をプラスイメージに導くには、プラス言葉であるポジティブワードを繰り返すことが不可欠となります。ポジティブワードとは、言葉の通り、心がポジティブになる言葉です。昔から言霊と言われるように、言葉には魂が宿っており、人を動かす何かがあります。ちょっとした一言でやる気が湧いたり、何気ない一言が他人をネガティブにすることもあります。それだけ言葉というのは大きな力を持っています。

そこでこのポジティブワードをチラシに使ってみるのが成功する秘訣です。タイトル以外にも様々な部分にこのポジティブワードを埋め込むとよいでしょう。

良いレイアウト

良いレイアウトとはどのようなものでしょうか。空間にもの配置する際、中央に大きく配置すれば安定感があり、堂々とした印象を与えます。端に小さく配置すれば、不安定さを感じ、空いたスペースから余韻やストーリー性を読み取ります。つまり、配置により、意味が生まれます。発信する側の思いを受け手に正しく伝えるものがい良いレイアウトです。様々なレイアウトの手法を手当たり次第に使うのはあまりよくありません。

グラフィックデザインには様々なメディアがあります。例えば駅貼りのポスターと雑誌の記事では伝える内容が同じであってもレイアウトは異なります。駅貼りポスターの場合は通りがかりに見られるものですから、一目で内容を伝えなくてはなりません。雑誌の記事の場合は腰を落ち着けて接しますから、楽しく読み進められるレイアウトにする必要があります。また、伝えたい情報が男性向けか、女性向けか、子供向けか、大人向けかによってもレイアウトは変わります。レイアウトではこれらの要素を踏まえて最良の方法を見つけなくてはなりません。

情報を整理する

チラシでは、情報を伝えるのに情報の整理が非常に大切です。分類という作業を必ず行いましょう。もっともよく使われる分類法は、「カテゴリー」による分類です。例えば、レストランのメニューは「スープ」「サラダ」「肉料理」「魚料理」というように、料理のカテゴリー別に品目が分けられています。こうすることで客は迷うことなく食べたいものを探し出せます。メニューには重要度や価格などで分類する「階層」もあり、「おすすめ」や「お手頃価格」といった形でまとめられます。さらにいくつかの料理から選ぶコースセットなど、時間が重要な場合もあります。前菜から始まり、メインディッシュ~デザートまで、提供される時間ごとに選んでもらうように配置されています。

・LATCHの法則

  • 「場所(location)」・・・国や地域などによる分類
  • 「文字(alphabet)」・・・五十音順やアルファベット順など、辞書や索引で使われる分類
  • 「時間(time)」・・・タイムテーブルや年表など時間を軸にした分類
  • 「カテゴリー(category)」・・・もっとも多く使われるのが分野での分類だ
  • 「階層(hierarchy)」・・・価格、重要性などの高低に基づく分類

 チラシ広告を相談する

反響の出るチラシ制作のコツ

一覧

  • ベーシックセオリーとタイポグラフィ

    ・ベーシックセオリー「色を表現する言葉」 色は非常に感覚的なものですが、その色の違いを表す言葉はあります。少なくとも覚えておきたいのが、「色相」「彩度」「明度」です。色相は色合いのことを、彩度は色の鮮やかさを、明度は色の …

    続きを読む...

  • トーンコントロール

    デザインではトーンと呼ばれるもので洗練された印象を作り出すためのデザインを考えます。トーンが変だとかトーンがあっているとかデザインの現場ではよく言われます。デザイン全体の調和がとれていることを指しています。見た人にトーン …

    続きを読む...

  • メリットにならない情報

    チラシの反響を考えるうえで、なるべくメリットにならない情報は載せないようにしようとするのが普通であると思います。わざわざ書かなくても・・・と思いますよね。真実、デメリットを書くとどうなるか・・・。もちろん、ケースバイケー …

    続きを読む...

  • ランチェスター戦略

    企画力やアイデアが成功するチラシの必須要件です。これを手に入れるには、競合店や異業種のチラシにたくさん詰まっているのでどんどん盗みましょう。特に異業種のチラシは、企画以外でも色使い、目立つチラシやインパクトのあるキャッチ …

    続きを読む...

  • チラシ制作の1番商品とは何か

    チラシは、マーケティングの一部であります。マーケティングでは力相応の1番商品づくりが最大のテーマとなる。これをチラシ制作に当てはめると、力相応の1番商品を作り、それをチラシ制作で繰り返し表現する事が大事です。 1番の商品 …

    続きを読む...

  • メッセージでチラシに差別化を

    チラシは大事な集客の一つです。チラシで自店の商品力の強さを伝え、その価値/価格の高さをPRして、お客様に来店してもらうためのツールです。お客様は商品を買いに来るのだから、チラシは商品力すべてのベースになるのは当然です。し …

    続きを読む...

  • 人間力のチラシ

    商品はどんな商品だろうと、売るときには人が間に入ります。完全セルフサービスの店でも自動販売機であっても、それはは人の知恵が必ず入っています。例えば同じ商品を置くのでも、陳列の仕方、置く場所、POPなどで売り上げが変わって …

    続きを読む...

  • チラシの結果分析

    何事もそうであるようにこれで完成というチラシはない。ネットの時代になったと言われているが、まだまだチラシの効果はあります。しかし、時流が刻々と変化しているので、それに合わせ、チラシも進化していかなくてはいけない。そのため …

    続きを読む...

  • 安さ感を演出するチラシカラー

    色は人に色々な印象を与えます。人間の視覚における優先順位は色から始まり、次に形、最後に文字です。それだけ色が一番初めに目に飛び込んで来るということです。とりわけチラシも色が大事であり、反響にも大きく影響を与えます。特に色 …

    続きを読む...

  • 三つ折りパンフレット

    A4サイズ三つ折りの案内パンフレットも人気です。簡単な構造ですが、表紙、裏表紙があり、ページを開くという動作も加わります。パンフレットを手にとる人はその地域に興味があるので、検討するためにじっくりと目を通すことを考えられ …

    続きを読む...

  • チラシポスティング

    チラシポスティングでは、エリアマーケティングのシステムを導入してます。 発注前にエリアの特性や分析が可能です。ただ単に配布するだけではなく国勢調査や年収別世帯数推計をベースにした人口・世帯統計レポートをまとめることができ …

    続きを読む...

  • チラシ・フライヤーの構成

    チラシには、商品販売などのPRを行う商品告知チラシとイベントや展示会などの告知を目的としたフライヤーがある。フライヤーには、その目的から「イベントの開催日時や開催場所」などの情報が重要でありポイントとなる。また、新聞折込 …

    続きを読む...

チラシ広告の相談はこちら