チラシはインパクトも大切

新聞の折り込みチラシは金曜日、土曜日に一番多く折り込まれるが、多い日は40~50枚にもなったりします。毎年大手代理店が発表する「日本の広告費」を見ても最近はチラシ折込費用が減少傾向にあるが、まだまだたくさんのチラシが新聞折込に入っているのが現状です。沢山のチラシ折込が入るので、はたして自社のチラシもきちんと見てもらえるか不安になることでしょう。 その不安の通り、ほとんどのチラシはゴミ箱に直行してしまいます。チラシはほんの数秒しか見ないチラ見で終わるのがほとんどです。チラシという媒体はもともとそんなにじっくり見てもらえないということを前提としてスタートしなくてはいけない。何十枚も折り込まれているチラシをチェックするのは一枚につきほんの数秒です。しかし、興味を持てばチラシの見方が全く変わってくる。興味のあるチラシは、じっくり中身を見始める。最近では、インターネットがあるので、欲しいものがあって探す場合には、チラシではなくてインターネットを活用する。よって、よほどの興味がある内容でないとチラシをじっくりと見ることはなかなかない現状です。 では興味を持たせるには何が重要か。それはインパクトである。チラシを見て「おや?」、と思わせることが大切です。そのためにはサプライズなどもいい方法です。例えば家の販売チラシで、右上隅に女の子の驚いた表情を載せてみる。まさにサプライズの表情をのせる。一見家の販売には直接関係ないと思われるかもしれないが、ついこのチラシを目にしてしまう。何だろう?と思わせればしてやったりだ。 その一瞬でもそのチラシに興味がわけば、第一段階はクリアである。それから価格訴求の段階へと入っていきます。このインパクトを考えていないチラシが世の中沢山あります。いくら一生懸命に作っても見てもらえないのであれば、意味がありません。現在もたくさんの見てもらえないチラシが折り込まれてきます。ゆえに当たるチラシには何と言ってもインパクトが欠かせないのである。

チラシ制作・フライヤー作成の東京チラシメーカーのTOPへ戻る

チラシ広告を相談する