安心感を与えるチラシ作り

商品を買い求める時、お客様の心の中には期待と不安が交錯しているものです。その期待が大きければ大きいほど、抱える不安も大きくなっているはず。つまり、期待と不安は比例するということを理解した上で、チラシを作らなくてはなりません。

とりわけ、住宅・車・お墓・仏壇・宝石・成人式の振袖・エステ・フィットネスクラブなどのような商品に、その傾向が強く見られるので、注意が必要です。このような必要高額品や低頻度購買商品は、特に安心感を伝えることが重要になってきます。
お客様に安心感を伝えるポイントは3つあります。

1つ目は「不安を解消すること」、
2つ目は「社長やスタッフ、お客様の顔を見せること」、
3つ目が「繰り返し伝える」ことです。

1つ目の「不安を解消すること」は、言うまでもなく、安心感を伝えるには不可欠な要素になります。これには、お客様の質問1つ1つに丁寧に答えるQ&Aのような形式で不安を払拭しつつ、自社の強みを訴求していく方法を取ると良いでしょう。説明パンフレットを無料で進呈することも効果的です。

2つ目の「顔を見せること」は、価値を伝える上で大事な要素です。社長やスタッフ、その商品を購入したお客様の顔などをふんだんに使うと、親近感を持たせながら安心のイメージを与えることができます。「見学だけでもOK」や「見積もりは無料です」など、実際のやり取りにつなげる工夫をしましょう。

3つ目は、1つ目や2つ目のような“安心チラシ”を少なくとも数十回は「繰り返して」打つということです。安心感は、一度や二度のチラシで伝わるものではないと肝に銘じましょう。
このように期待が大きい商品の販売には“安心チラシ”を数多く打つことをおすすめします。

 

チラシ作成・フライヤー制作の東京チラシメーカーのTOPへ戻る

 

チラシ広告を相談する