ターゲティングの重要性

誰に何を売るのかを決める! チラシにおいても反響を出し成功するには、マーケティングが非常に大事です。マーケティングの基本は誰に何を売るかを決めることです。ものあまり時代の今、新しい商品やサービスを購入してもらうのは難しいことは皆知っている。確かなマーケティングが必要となっています。 しかしながらチラシを打つ小売・サービス業の世界ではまだまだ出来ていないようです。マーケティングが重要なことはわかっていても実行できないのが現状のようです。メーカーの場合、全国展開を前提として商品開発を考えていくので、なかなか客層を絞っていけない。また、地域密着型の小売、サービス業の場合、客層を絞り込みすぎると、客数そのものが減少するのでなるべく広い客層へと告知するチラシが主流となっていた。だが、現代では、チラシ成功の秘訣は客に絞ってチラシを打つことが求められるのだ。 ある空手教室のケース。キッズ向けのお教室も競争時代で教室が乱立しています。そこで、ターゲットを外国人に絞り、英語のチラシを制作。もちろん日本人も入会できる旨をうたった。あくまでもターゲットは空手に興味のある外国人で、外国人向けを演出しようと考えました。そして、日本人の友達を紹介、入会すれば50%オフのキャンペーンを展開。空手に興味のある外国人からの問い合わせがあったことはもちろん、入会希望の外国人からの紹介で日本人も多数紹介で入会まで至りました。 このように顧客を絞り込むというのは勇気が必要です。教室のコンセプトから変えてしまわねばならないし、ターゲティングすることによって、他の見込み層が来なくなってしまうかもしれない。今まで来ていたお客様を切り捨てるかもしれない恐怖との戦いでもあるからだ。 また、ある教室では毎回ターゲットを絞って、OL、主婦、シニア、キッズ、外国人向けにそれぞれセグメントしチラシを作り、集客に成功している。つまり、ターゲットは毎回変えても良いが一つの客層に絞ることが重要なのである。  

チラシ制作・フライヤー作成の東京チラシメーカーのTOPへ戻る

チラシ広告を相談する