デメリット情報を素直に書くか

デメリット情報を素直に書く?   チラシの反響を考えるうえで、なるべくメリットにならない情報は載せないようにしようとするのが普通であると思います。わざわざ書かなくても・・・と思いますよね。 真実、デメリットを書くとどうなるか・・・。もちろん、ケースバイケースですが包み隠さず真実を書くことがその会社の信用を高めることにもつながることがあります。 例えば、 ・メーカー倒産品なので安い! ・旧型モデルなので安い! ・形は悪いが味は保障します!などなど。   一見、デメリットを訴求しているが、なぜ安いかの説明で購買者も納得し、信用にとつながる。最近の購買者は、安かろう、悪かろうには手を出さないが、掘り出し物を買いたいという願望は以前にも増して膨らんでいて、ただ安いという理由ではなかなか手を出さない。 いいものを安く買いたいがそれが難しいのは購買者も承知している。安いのは安いなりの理由があるのでその理由のデメリット部分を知れれば納得し購買行動に入れる。情報開示は非常に大事なことの一つです。

チラシ制作・フライヤー作成の東京チラシメーカーのTOPへ戻る

チラシ広告を相談する