チラシ・フライヤーの構成

チラシには、商品販売などのPRを行う商品告知チラシとイベントや展示会などの告知を目的としたフライヤーがある。フライヤーには、その目的から「イベントの開催日時や開催場所」などの情報が重要でありポイントとなる。また、新聞折込やポスティングなどに配布されるチラシは、大量部数の印刷に適した輪転印刷機ですることが多く、それに適したデータ作成が必要である。掲載する商品や解説テキストが折りにかからないようにレイアウトすることが重要です。輪転機で印刷する場合、ぬりたし幅や印刷の総インキ量にも注意が必要である。ぬりたしは、3㎜に設定するのが一般的だが、5㎜に設定することがある。インキの総使用量は、一般的に330%程度が安全です。

 

チラシ制作・フライヤー作成の東京チラシメーカーのTOPへ戻る

チラシ広告を相談する