チラシの結果分析

何事もそうであるようにこれで完成というチラシはない。ネットの時代になったと言われているが、まだまだチラシの効果はあります。しかし、時流が刻々と変化しているので、それに合わせ、チラシも進化していかなくてはいけない。そのためには、チラシを通じて常にお客様の変化をとらえることが重要です。顧客のニーズの変化をとらえ、チラシの完成度を高めていく事が重要です。そのためにはチラシを打った後の結果分析が重要です。

一番いけないのはチラシを打ちっぱなしで何もしないことです。チラシを打ちっぱなしにしていると、必ず当たらなくなってくる。細かい結果分析をしてそれを次回に作るチラシに反映すると、チラシのレベルは上がっていくものです。

チラシ結果分析のポイント

  • チラシ期間中の売り上げをとる。・・・通常、チラシ期間は3~5日くらいであるが、その期間の売り上げは毎回測定する必要があります。はかる期間を一定にして、前後の週、あるいは昨年対比で必ず比較検討しましょう。
  • チラシコストの計算をする・・・チラシの印刷費、折込代を毎回算出し、かけた費用と売り上げのバランスを常に測定し、費用対効果をチェックしましょう。
  • チラシ商品の売れ個数を把握する・・・チラシに載せたアイテムがお客様のニーズとマッチしているのかをはかるため、毎回チラシ商品の売れ個数を把握する必要があります。

チラシ制作・フライヤー作成の東京チラシメーカーのTOPへ戻る

チラシ広告を相談する