チラシに入れる情報

チラシは情報伝達のためのメディアです 。 見た人がその情報に価値がなければ、受け取った人はそのチラシをすぐに破棄してしまいます。見る人に価値ある情報とは、現時点ではまだ未知のことで 、自分に深く関わ っているか、興味があ るものです 。 価値のある情報の種類は、業務の情報(メンテナ ンス、休業、 移転など)、 商品情報(商品の持 つ特徴や内容など)、 番組の情報(テレビやラジオの番組など )、 イベント情報、公共情報( 住 民に対して公共機関が出すもの)などがあります。 これらのデザインの特徴は、見る人の立場にた って内容とデザインを組み、構 成することが大事です。この場合、専門用語を使い 過ぎたり、発信側の常識を当然のように掲載したり、解釈が何通りもできることを注意してさけましょう。

チラシ作成・フライヤー制作の東京チラシメーカーのTOPへ戻る

チラシ広告を相談する