RGBカラー

RGBカラーとは

R(レッド)、G(グリーン)、B(ブルー)で構成される光の三原色。これらは混ぜれば混ぜるほど色が明るくなり、白色に近づいていくため『加法混色』と言われています。ブラウン管(CRT)や液晶ディスプレイ(LCD)、デジタルカメラなどで画像再現に使われている。