ビットマップフォント

ビットマップフォントとは

一つ一つの文字を小さなドットを格子状に配置して表したフォント。

ビットマップフォントとは、文字の形をコンピュータ上で表現するフォントデータの形式の一つで、文字を小さな正方形の点(ドット)の集合として表したもの。

ある決まった数の格子(縦横数個から数十個)を用意し、格子の一部を塗りつぶすことで各文字の字形を表現する。描画のために特別な計算や処理が不要なため簡易なソフトウェアで高速に処理することができ、小さなサイズではデータ量も少なく、きれいに表示・印字できる。