ビットマップ

ビットマップとは

デジタルカメラの画像のように、ピクセルで記録されているデータ。ビットマップ形式とは、画像を色のついたドットと呼ばれる点の羅列・集合として表現するデータ再現方式のことである。単純に各ビットの配置と色情報がデータとして保たれているもので、画像の拡大などを行なえばドットの配置にゆがみが生じて輪郭にジャギと呼ばれるギザギザが発生し、縮小すれば配色が失われる。そのためサイズ変更や変形などの処理には適していない。