アルファチャンネル

アルファチャンネルとは

色の要素ごとに分けられた透明度の度合い。コンピュータが扱うデジタル画像データにおいて、各点に設定された透過度情報を保存するデータ領域。透過度情報はアルファ値と呼ばれ、完全な透明(無色)から、完全な不透明(背景の色をまったく通さない)まで設定することができる。